大学受験を始めるならやっぱり予備校?それは何故?

予備校の大学受験資料請求方法は?

予備校の大学受験資料請求方法は?

大学受験をするうえで予備校へと通う人は多いです。当然予備校は数多く存在しますからどこに通うのかを吟味する必要があります。

そこで役立つのが資料請求です。予備校の特色や前年度受験者の合格率などが載っていることが多いです。この資料の入手方法はいくつか存在します。

一つ目は予備校に直接行き受け取るという方法です。確実に手に入り、ついでに話を聞くことで雰囲気を掴むことが出来ます。

一方で何か所も訪れるのは手間がかかるというデメリットがあります。二つ目は電話請求です。電話番号を調べて電話をし資料請求する方法になります。

手間がかからず容易に資料を手にすることが出来ますし、話を聞くことも出来るというメリットがあります。

予備校に大学受験で求めるものは?

予備校に大学受験で求めるものは?

予備校に大学受験で求められるのは、効率的な学習計画の作成です。学習は基本的に独学でもできます。一般的な書店へ行けば優れた参考書や問題集も販売されています。

ただし大学受験の範囲は膨大です。確かに実際の試験では学校の教科書に載っている知識から出題されます。教科書の内容を丸暗記できれば、かなりの高得点を取ることはできます。

しかし現実には全科目の教科書の内容を丸暗記することは不可能です。教科書の内容の中にも何度も問われている部分と、あまり問われない部分が存在します。

何が問われるのか、どの程度の理解が必要なのかを明確にすることが受験勉強には求められます。予備校に通うことで学習計画を自ら作成する手間を省き、勉強に専念することができます。

大学受験カリキュラムの選定は?

大学受験カリキュラムの選定は?

大学受験カリキュラムの選定は自分の目標とする大学を考えて選定をすることになります。自分がある大学の医学部に行きたいのであれば、その大学の医学部が受験で必要としている科目を選択する必要があります。

ですから、まずは自分が行きたいところはどこなのかという事を決定する必要があります。

基本的に学部によってほぼ必要とされる科目は似たようなものとなっているので、大学を決めるところまではいかなくても自分が行きたい学部を決めるようにすると、大体の科目は決まってくるようになるはずです。

後は、自分の成績がどれぐらいの位置にいるのかを確認して、足りないのであれば、学習量を増やして学力を身に着けていく事が大切になります。