大学受験にいい予備校を選びたい!その選び方とは?

大学受験カリキュラムの数は?

大学受験カリキュラムの数は?

大学受験に必要なカリキュラムの数は、私立大学に行くのか国公立大学を目指しているのか、理系か文系の大学に進学するのかで異なってきます。

さらに学科によっても試験科目数が違ってくるので、同じ理系や文系でも少なかったり逆に多かったりすることがあります。

また受験勉強においても塾や予備校で勉強するのであれば志望校についての対策をして得意不得意なl教科についてそれぞれカリキュラムを組む必要があります。

物理や化学が苦手という人は弱い教科を克服するために重点的に勉強をするというようにカリキュラムを個人の希望で組む事ができます。

また国公立大学の受験を希望されるのであればその学校にあわせてセンター試験から二次試験におけるまでのカリキュラムを組んでいく必要性があります。

大学受験メンター・塾長の活用方法

大学受験メンター・塾長の活用方法

大学受験を控え、塾に通っている高校生は全国に大勢います。学校生活と並行して受験勉強をするのは意外と大変で、中にはプレッシャーに押しつぶされそうになる子も。

それぞれの性格にもよりますが、どんなに優秀な子も突然スランプに陥る可能性があります。いつも成績優秀だったのに、模試で突然悪い成績を取ってしまったり模試の結果が原因でやる気をなくすことも考えられます。

大学受験メンターといえば、塾長です。塾の責任者である彼らは指導経験があるだけではなく、経営を任されているので通っている生徒や保護者への対応に慣れています。

正しい方向へ導いてもらったり、ときにはアドバイスをもらったり精神的にサポートしてもらうと効果的です。

親の言うことを聞かない子でも、第三者でありながら塾で接点のある大人から助言をもらえると参考にする可能性が高いでしょう。塾で顔を合わせる人なので、相談相手として信頼できる存在です。

予備校での自習室環境とは?

予備校での自習室環境とは?

予備校の自習室は無料で利用できる学校が多く、冷暖房が完備で室内は明るく快適な自習環境が整っています。

個室の自習室がある学校もありますが、他の生徒が頑張っているのを確認しながら学べる普通の教室タイプもあるので予備校によって違いがあります。

予備校に入学する前に自習室を調べておくと自分に合った学習環境が見つけられるので、入学後に後悔する事がないので安心です。

予備校の自習室は休日の利用ができ、夜も21時くらいまでの遅い時間まで解放されている事が多いので自宅で一人で勉強をするとサボってしまいがちの人は集中して学ぶのに利用するのがおすすめです。

予備校のサイトやパンフレット等に自習室の様子が紹介されているケースが多いので事前に調べておくのが良いです。